税金こわい

仮想通貨で大儲け・・忘れてはいけない税金の知識


ちびまる子ちゃんではない

もも子
わーい!ビットコインで1000万円!


モンキーDルフィではない

モンキーB
リップルで億り人!

渋沢栄一ではない
渋ちゃん
みんな税金いくらかかるか知ってますか?


仮想通貨で大儲け、億り人になったものの税金の知識がなく、確定申告を忘れた、申告漏れという方も多いようです。

しかし、知っておかないと追加徴税を払うことになり、収益の半分以上を徴収されるケースもあります。


渋沢栄一ではない
渋ちゃん
仮想通貨の税率は最大55%

では仮想通貨で大きな収益をあげた場合どのようなことが出来るのでしょうか?

主に2つの方法があります。


では、2つの方法の特徴やメリット・デメリットを比較・検討してみましょう。

警告:脱税は絶対にしてはいけません。

最終的にはバレて、追加徴税余計な罰金を払うことになります。

海外に移住して節税する



パナマ文書のニュースなどでも有名になりましたが、多くのお金持ちがとっている方法です。
これは、脱税ではなく節税です。
日本の法律のもとにない海外の国に住めば、その国の法律に従う必要があります。

世界の中には仮想通貨の税率がわずかな国や非課税の国もたくさんあります。


簡単に言うと

1 非課税や税率の少ない国に移住する
2 仮想通貨の口座を作成する
3 資金を移動し、出金する

こうすることで、日本の法律を違反することなく、合法で仮想通貨を無税化することが可能となります。


ちびまる子ちゃんではない

もも子
1000万円丸儲けだよ

どのような国が仮想通貨の税率0%なのでしょうか?
以下の国々では暗号資産が非課税といわれています
非課税の国や地域

ドイツ
マルタ
デンマーク
シンガポール
スロベニア
カイマン諸島
ベラルーシ
プエルトリコ


モンキーDルフィではない

モンキーB
海外に行くぜ!

転出届を役所に提出することを、「住民票を抜く」といいます。

住民票を抜くと、これまで払っていた所得税、住民税、国民健康保険税などありとあらゆる税金を支払う義務がなくなります。

また、海外に住所があり、日本に一時帰国している間(1年のうち最大6ヶ月以内)は免税手続きが出来る店では消費税を払わずに買い物が出来ます。


ちびまる子ちゃんではない
もも子
こんなに税金払ってたのか・・

デメリットは、あまりありませんが強いて言うならば、住民票がないということです。

将来の年金は、ほとんど当てにならないようですし・・

【悲報】2000万円貯金がない人は将来がない?どうすればいいの?



税金をしっかりと納める



「節税はしたいけど日本が大好き」、「事情があってどうしても海外に移住は出来ない」という方も多いでしょう。

残念ながら日本にいる限り納税の義務から逃れることは出来ません。

しかし、仮想通貨の収入は雑所得にあたるので最大55%の税率がかかります。

仮想通貨で5000万円儲けても半分の2500万円以上を納税しなければなりません。


フグ田マスオではない

増岡フグオ
高すぎる・・

仮想通貨の税金について詳しくは国税庁のホームページをご覧ください。
タックスアンサー(よくある税の質問)


それでも税負担をもっと軽くしたい場合は、税理士などの専門家に相談することをお勧めします。

あなたにあった節税方法が見つかるかもしれません。



フグ田マスオではない

増岡フグオ
僕にぴったりの税理士さんを探すよ


まとめ


海外に移住するメリットはたくさんありますが、どうしても移住できない場合は、しっかりと納税しましょう。

正しい知識を持っているなら税金なんて怖くありません。

これからも仮想通貨でどんどん稼いでいきましょう!



フグ田マスオではない

増岡フグオ
僕はしっかり納税するよ♪


モンキーDルフィではない

モンキーB
俺は移住するぜ!