無理ゲー

どうも投資家の金持サトシです。
皆さんはビットコインや暗号通貨で儲けていますか?
2017年の仮想通貨バブルで億り人になった方もたくさんいると言われています。
一方で、大損して暗号資産はコリゴリという方はもっとたくさんいるそうです。
2019年の4月から再び始まった仮想通貨の高騰で、再び生き返ったという人も沢山います。

しかし、今回の記事タイトルにもある通り「これからは国内取引所では稼げない」という見方が非常に強まっています。

では、果たして本当に「海外取引所以外は無理ゲー」なのでしょうか?

結論から言ってしまうと、国内取引所で稼ごうと思っても「もう手遅れ」です。

では、根拠となる理由について検証していきましょう。

なぜ、国内取引所では儲からないのか?


ビットコインの価格は現在85万円です。
倍の価格になったとしても儲けが限られています。

値動きは激しいのに長期投資で儲からないという暗号通貨にぴったりの投資法が「レバレッジをかける」という方法です。

レバレッジをかけることで、少額の資金でも短時間でハイリターンの収益を得ることが可能になります。

どんなメリットがあるか実際に比較してみましょう。

もも子ちゃんとフグオさんという二人はビットコインに投資して10万円の利益を得たいと思っています。

もも子ちゃんはレバレッジなしでフグオさんはレバレッジ10倍で投資を始めます。

二人とも、BTC価格が85万円の時に投資します。

もも子ちゃんはBTC価格が95万円になるまでずーっと待っていなければなりません。

価格がすぐに95万円まで暴騰すればいいのですが、そんな都合の良いことは簡単にありません。

もし、90万円まで価格を上げても、一瞬のぬかよろこびで84万円まで価格を下げるとしたら、もも子ちゃんにとっては一銭の利益にもなりません。

その後84万円〜90万円の価格帯の中でだけ値動きを続けるレンジ相場に突入したなら、もも子ちゃんはその間ずーっと放置です。

待って待って待ち続けるだけで全く何の得もありません。


ちびまる子ちゃんではない

もも子
さっさと95万円まで上がらないかなぁ・・

一方で、フグオさんは10倍のレバレッジで取引をします。
85万円で1BTCに10倍のレバレッジをかけたので10BTCを保有しているのと同じ値動きで取引が出来ます。

つまり、ビットコインが86万円に上がった時点で。フグオさんは利益を確定することが出来ます。

もしビットコイン価格が1日で86万円に上がれば、フグオさんは1日で10万円の収益を得ることが出来ます。


フグ田マスオではない

増岡フグオ
1日で10万円♪

このように短い時間で多くのリターンを得ることが出来るので、レバレッジ取引は非常に投資効率が高いのです。

また、利益を得たフグオさんは、95万円の資金でまた別の取引が出来るので、さらにお金を増やすチャンスが得られます。

「時は金なり」と昔から言われていますが、実際「時間」は「お金」よりも貴重で限られた資産です。

レバレッジを使って時間を有効活用して短期で効率的に稼ぐことが可能になります。


フグ田マスオではない

増岡フグオ
また、10万円稼ぐぞ♪

一方で、レバレッジにはデメリットもあります。

もし価格が予想と反して大幅に下落した場合、例えば85万円→40万円までビットコイン価格が大暴落するとします。

もも子ちゃんはマイナス45万円ですが、フグオさんは強制ロスカットなってしまうのでマイナス85万円となります。

このように急な暴落の場合には、ロスカットとならないように早めに損切りすることが大切となります。


ちびまる子ちゃんではない

もも子
損切りは大事ですよ

このように多くのメリットがあるレバレッジを使った取引ですが、デメリットもあるということも覚えておきたいです。

しかし、損切りさえ覚えてしまえば、レバレッジ取引はリスク管理の出来るハイリターンの狙える効率的なトレードです。

国内取引所の場合は最大レバレッジが4倍となっているので、あまりレバレッジの旨味がないのが現状です。

海外取引所の場合は、レバレッジ倍率を自分で選ぶことが出来ます。

あまり自信がない時は、2倍〜5倍で中期トレード、通常時は10倍〜50倍で、ここぞ!という大チャンスには100倍や200倍などの超ハイレバレッジという風に戦略を立てて取引をすれば短時間で大幅な利益を期待できます。

CryptoGT は最大レバレッジ200倍でビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、ダッシュ(DASH)、モネロ(XMR)など7つの通貨取引が可能です。

BitMEX では、それぞれ最大レバレッジがビットコイン100倍、イーサリアム50倍、リップル20倍、ビットコインキャッシュ20倍、ライトコイン33.33倍、EOS20倍、カルダノ(ADA)20倍、トロン20倍など8つの通貨取引が可能です。

それぞれ、特徴や長所が違いますので、投資戦略によって2つの取引所を使い分けてみるのがオススメです。

また、海外取引所といっても日本語に完全対応していますので、安心してサポートを受けられます。

まとめ


これからビットコインや主要アルトコインの価格が10倍や100倍に上がるのはかなり難しい、もしくは時間がかかる超長期投資なので投資効率が非常に悪い。

レバレッジをかけると短期間で大きなリターンが期待できるので、投資効率が非常に高い。

国内取引所では、レバレッジ最大4倍なので投資効率が悪い。

海外取引所CryptoGT BitMEX では最大レバレッジ100倍や200倍など非常に投資効率の高いトレードが可能。


ちびまる子ちゃんではない

もも子
登録無料でとっても簡単だよ!