フェイスブック対リップル
こんにちはサトシです。

ビットコインを始め暗号通貨に投資している多くの方にとって気になるのは今後の価格です。
もしかすると新たな暗号通貨が登場して、ビットコイン以外の多くの暗号通貨アルトコインは存在を脅かせるかもしれません。
そんな気になる見方が世界で広がっています。
フェイスブックの独自通貨が登場し、果たしてアルトコインの未来はどうなるのでしょうか?
もし、アルトコインの多くの価値がなくなる場合はどれくらいの確率で起こりうるのか?


モンキーDルフィではない

モンキーB
アルトコインの未来はどうなるのか!?考察していきましょう!

フェイスブックの独自通貨が発行されるということ


Facebookの独自通貨(おそらくLibraという名前)が今月末に発表される予定で、来年の2020年には正式に暗号通貨の取り扱いを開始を目標にしているそうです。

Facebookといえば、GAFAの一角であり世界の頂点クラスの企業です。

この世界有数の大企業が発行する通貨であれば信頼や注目は非常に大きいため、これまで仮想通貨に対して投資を控えてきた大口の機関投資家や世界の億万長者も参入するという見方が強いようです。

参考ニュース:「フェイスブックの仮想通貨が新たな投資家呼び込む」調査会社、ビットコイン・イーサリアム・リップル(XRP)より信頼度高いと報告


これは、暗号通貨市場に株や為替のマーケットのように大きな資金が流入することを意味し、ブロックチェーン業界が大きく前進する一歩となりそうです。

一方で、アルトコインの市場規模はまだまだ小さいのが現状です。

中でも暗号通貨の時価総額3位のリップルは、国際送金・ブリッジ通貨としての役割を担うことを目標としていて日本で特に人気の高い暗号通貨です。

しかし、リップルの場合は中央集権型のコインなので価格はリップル社次第です。

参考記事: 仮想通貨XRPの将来性。なぜ日本人はリップル信者が多いのか?


フェイスブックとリップル社の企業の規模を比べてみると、雲泥の差です。

例えると、ワンピースの四皇「百獣のカイドウ」 VS 懸賞金3000万円の初期ルーキーの頃の「麦わらのルフィー」くらいの実力差があります。

芸能界で例えるならば、ダウンタウンの「松本人志」 VS ANZEN漫才の「みやぞん」くらいの差です。

知名度にも歴然の差があります。
私が住んでいるラテンアメリカの地域でもビットコインの話題は一部で耳にするようになりました。
しかし、リップルやその他のアルトコインなんてほとんどの人は知りません。
フェイスブックや傘下になったアプリWhatsappのことなら子供から大人まで誰でも知っています。
Whatsappは日本のLINEと同じようなメッセージアプリで欧米ではLINEよりもWhatsappが圧倒的に使われています。

Facebook社とリップル社では企業規模も知名度も比べ物にならないということが分かります。

何が言いたいかといいますと、まず普通では「絶対に勝てない」ということです。

おそらく生き残れる暗号通貨はビットコイン、イーサリアムくらいではないでしょうか?

その他の草コインは間違いなく紙くずならぬ電子クズとなって価値ほぼゼロのデータになってしまうでしょう。

それ以外のリップルなどトップ10ランキングに出るくらいのある程度価値のあるコインはどうでしょうか?

リップルの場合は、GAFAのGにあたるgoogleなどの資金援助もありますので、グーグルが何かしら支援してリップルの将来を助けるというシナリオもあるかも知れません。

ワンピースで例えれば、カイドウに殺されかけた初期の頃のルフィーがシャンクスに助けられるみたいなシナリオです。

芸能界でいえば松っちゃんに睨まれた「みやぞん」が「明石家さんま」に助けられるみたいな感じです。

こういうストーリーもあり得ないことはないので、リップルに関しては100パーセント価値がなくなるということはないかも知れません。

しかし、リップルの価値が暴落する可能性は非常に高いといえます。


フグ田マスオではない

増岡フグオ
このように、フェイスブックの独自通貨が発行されるということは多くのアルトコインにとって危機を意味しているのかもしれません。

専門家の見解


米国の経済ジャーナリストであるマックス・カイザー氏もツイッターで「facebook社独自のステーブルコインの登場で、XRPや多くのアルトコインは不要になる」と発言しています。

マックス氏はビットコイン価格が将来的に10万ドルを超えると予想している強気派としても有名です。
彼は、世界有数の大富豪ウォーレン・バフェット氏のような暗号通貨に懐疑的な意見を持っていないということが注目ポイントです。
つまり、ビットコイン一押しのマックス氏さえも多くのアルトコインの将来を絶望視しているということは、アルトコインの将来は非常に危険であるということです。

また、初期ビットコイン投資家シュレム氏もツイッターの中で「世界中に20憶人以上存在するフェイスブックユーザーが「仮想通貨」に出会うことで、仮想通貨に対する世界的な関心を劇的に高めるだろう。」と発言しています。


フグ田マスオではない

増岡フグオ
このようにリップルだけでなく多くのアルトコインの崩壊の危機が迫っているという意見が多くなってきました。


暗号通貨の信頼性も低くなっている


暗号通貨に注目が集まるたびにハッキングのニュースも増えています。

最近では10億円分のリップルがハッキングされるというニュースもありました。
参考ニュース:リップル(XRP)ウォレット「GateHub」でハッキングか、顧客資金2,300万XRPが奪われた可能性が浮上


まとめ


これまでの検証で見てきたように、リップルや多くのアルトコインの未来は非常に危ないことが分かりました。

私も、ビットコインとイーサリアム以外の暗号通貨(特にリップル)は早目に手仕舞いしていこうと思っています。

価格が下がる時には「売り」ショートポジションで海外取引所でレバレッジをかけることによって大きな利益を得ることが可能です。

参考記事: 【検証】これからは海外取引所以外は無理ゲー説


ピンチはチャンスでもあります。こういう暴落の機会は滅多にありません。

BitMEX CryptoGT で大きく儲けるチャンスを見極めていこうと思います。


ちびまる子ちゃんではない

もも子
ピンチをチャンスに変えるんだよ!